不要な物を捨てられない人は、悪運を捨てられない人です

以前のブログで、
風水の基本は掃除である事をお伝え致しました。

掃除をするには、
不要な物を捨てる事も必要です。

あなたの家は、
物であふれていますか?

今回は、
「捨てる」事の大切さについてお話したいと思います。

Sponsoed Links

目次

「捨てるのがもったいない」人は、「悪運を捨てるのがもったいない」人です

家に、
数年間使用していない不要な本・衣類・紙類など溜まっていませんか?

そのままにしておきますと、
悪運を溜め込んでしまう可能性もあります。

不要な物を処分する事は、
風水の開運行動のひとつでもあります。

「もったいないから捨てたくない」
と思われる人もいらっしゃいます。

その方は、
「悪運を捨てるのがもったいない」人の傾向になります。

現在は、
物が溢れている時代です。

ストレス社会の中、
衝動買いに走ってしまい、
結局使用せずにそのままにしている人もいらっしゃると思います。

また、
「いつか読むからまだ、捨てたくない」と思う人もいらっしゃいます。

でも、
「いつか読むもの」は数年経ってもそのまま読んでいない状態でしょう(私も経験済です…)。

そう、
「いつか」はやってこないのです(Someday is not coming.)

なので、
「いつか…」の物は潔く捨てた方がいいと思います。

肥満体質の人は部屋に物が散乱している??

よく、
TVで汚部屋を紹介する番組を良く見ると思います。

廊下やユニットバスまでゴミが散乱している状態で…。

あくまで私のカンですが、
肥満体質の人は上手く処分が出来ない人なのでは…と思います。

断食でも申し上げましたが、
肥満の人は食事制限にストレスを感じます。

その為、
物を溜め込む意識が強い傾向がある可能性があります。

肥満の方の部屋には、
よくお菓子やケーキの袋が散らばったりしていませんか?

それでは運氣が低迷しますので、
不要な処分をした方がいいと思います。

自分で片付けられない場合は、
業者に頼むのも一つです。

でも、
人まかせにしてしまうとリバウンドしまう場合がありますので、
まずは自分でやってみましょう。

「不要な物を潔く処分したら、体重が減った」
と言う人もいらっしゃいます。

ダイエットをしたい場合は、
ある意味処分をする事が一番の近道かもしれません。

家と身体はつながっている??

人間は、
食事をした物や老廃物を体外へ排泄しなければなりません。

では、
部屋を人間の身体として考えてみましょう。

ゴミだらけの汚部屋の状態の場合は、
まるで人間の身体に老廃物が溜まっている状態と考えていいでしょう。

捨てないという事は、
人間の身体に老廃物を排出できない状況とイメージしてみましょう。

これでは、
病気になりますね…。

「捨てる事」は、
人間の身体の老廃物を出す事と似ているのです。

例えば、
数年間散らかっていた部屋を1日間で一気に処分した時、
一時的に人間の消化器(胃腸)の調子が急に悪くなったりする人もいらしゃると思います。

それは、
今まで蓄積されていた悪運(毒)が出ようとするからです。

でも、
その状態が終わると身体がスッキリすると思います。

部屋と身体はつながっていると考えた方がいいでしょう。

捨て方が分からない人は、まず衣類から始めてみましょう

「捨てるのは分かるけど、何から始めればいいか分からない」
と迷われる人もいらっしゃいます。

そういう場合は、
衣類から始める事をオススメします。

ある著者(次回お話致します)のオススメする方法でもありますが、
衣類は「縁」を象徴します。

その為、
衣類を整理する事で人間関係を整理する事が出来るのです。

「いつか着る服」
「数年間袖を通していない服」
「ボロボロになった服」等が家にありましたら、処分してみましょう。

衣類の処分が終わったら、
本→書類→小物へと進めて行くと片付け易いと思います。

ご参考までに…。

【参考文献】
近藤麻理恵『人生がときめく片付けの魔法』(サンマーク出版:2011年)

Sponsoed Links

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる