当サイトの無断コピーは禁止です。コピーをされる方は必ずこちらを読んでください。

絶対音感は必要でしょうか??【音感テストでのチェックは不要です】

バッハ楽譜1 ブログ

【絶対音感】という言葉を聞いた事がありますか?

ウィキペディア等のほとんどの場合では、下記の内容で説明されています。

【絶対音感】
ある音を聞いた時に、即座に音名がハッキリと分かる事。

例えば、
救急車のサイレンの音・ドアを閉める音等の音名(ドレミファ~)が、ハッキリと分かってしまうとの意味見たいです。
特にピアノを習っている人で、絶対音感を鍛えている人が多いかもしれません。

でも、便利だと思われている【絶対音感】。
ある意味、曲者であり落とし穴にハマってしまう事もあります。

その理由についてお話したいと思います。

【↓下記の方におすすめの内容になります↓】

・「絶対音感を持っている人がすごい‼」と思っている方
・「絶対音感」と「相対音感」、どっちがいいか迷っている方
・絶対音感について知りたい方
・サウンドヒーリングをしている方

Sponsored Links

「絶対音感を持っている」=「音楽教育に便利」とは限りません

ソルフェージュの教育に「聴音」があります。
聴音は、ピアノで聞いた音やリズムを五線譜に書く訓練の事です。
ピアノを学ばれている人は、経験をした事があると思います。

ただし、
現在日本の標準ピッチは、ほぼA=440Hzの平均律で調律されています。
(オーケストラではA=442Hzの場合もあります)

ということは、
「絶対音感がある人」=「440ヘルツの平均律の音を聞き分けられる」という解釈になってしまいます。

その場合、逆に下記の様なしんどいと思いをすると思います。

・バロック音楽を聞くのが苦痛になる。
・歌手の音程に対して敏感になってしまう。
・音楽の視野が狭くなる。
e.t.c…

バッハ・ヘンデルの作曲家で有名なバロック音楽では、
基本、A=415hz(バロックピッチ)で演奏されている場合が多いと思います。
※ヴェルサイユ・ピッチの場合はA=392Hzの様です。

つまり、通常の半音程度音が低い事になります。

もし、
440ヘルツで音感教育を受けた人が古楽器を演奏すると、気持ち悪く感じる人もいらっしゃるみたいです。

また、
歌手の音程に対しても敏感になりすぎてしまう可能性があります。
実際に「この人の歌の音程が悪くなっているから聞けない」と聞いた事があります。
それらはある意味、視野を狭くしてしまう可能性があります。

賛否はあると思いますが、
私は、絶対音感を持つ事は不要だと思っています。

「絶対音感」よりも「相対音感」を鍛えましょう

「絶対音感が不要なら、ソルフェージュなんていらないじゃん‼」
と思われがちです。
確かに音楽を専門的に学ぶ人は、音感・調判定など必要になります。

その場合は、【相対音感】を鍛えればいいのです。

【相対音感】
基準となる音(純音及び楽音)の相対的な音程によって、音の高さを識別する能力

相対音感は、だれでも鍛えることが出来ます。
鍛えることによって、音程の高さを判断する事ができます。
ピッチを変えたとしても、気分が悪くなる事はありません。

「絶対音感」のもう一つの解釈

ただ、「絶対音感」にはもう一つの解釈があります。

それは、
名探偵コナン(読売テレビ)の映画『戦慄の楽譜』(2008年)の作品です。

その映画のゲストキャラクターで登場する歌手は、絶対音感を持っている設定になっています。

ただし、
この映画の「絶対音感」は、周波数(Hz)がすぐに分かるという解釈で登場します。

プッシュホンと声の周波数を使って、警察に電話をかける場面は印象的だったと思います。

北村
北村

現に、

『探偵ナイトスクープ』(朝日放送)のテレビ番組で、

その場面を真似て

時報(117)番を発信する事に成功しています。

個人的には、
「絶対音感がある人」=「音の周波数(ヘルツ)が判断できる人」と解釈する方が好きです。

Sponsored Links

コメント