ソルフェジオ周波数とチャクラの関係②(ユーチューブ動画の解説)

note

この度、
「チャクラを癒す音楽(チャクラヒーリングミュージック)」(約60分)
の動画をユーチューブに投稿する事が出来ました。

今回のチャクラヒーリングは、
ソルフェジオ周波数を基に作りました。

ジャンルはバロック音楽になります。

バロック音楽は、
意外とソルフェジオ周波数とマッチしている所があります。

このページでは、
詳しい聞き方解説をしたいと思います。
(※あくまで個人差があります。軽い気持ちで視聴いただけましたら幸いです。)

Sponsoed Links

目次

7つのチャクラの位置

前回、
チャクラについて簡単に説明しました。

人間の身体の軸には、
7つの大きなチャクラがあります。

ChakraLocation
第1チャクラ尾てい骨
第2チャクラ丹田
第3チャクラ胃の辺り
第4チャクラ心臓の辺り
第5チャクラ
第6チャクラ眉間
第7チャクラ頭頂部
【表】チャクラと身体の関係

チャクラには、
「強さ・弱さ」があります。

しかし、
それぞれ均等にバランスが取れている事が理想です。

心臓あたりの第4チャクラを中心にすると、

①下半身部分である1~3チャクラ
②首から上にある5~7チャクラ

に大きく分かれます。

例えば、
①が弱くて・②が強い場合は、
現実よりも理想を求めがちになってしまいます。

チャクラヒーリングミュージックの特徴

この動画(ユーチューブ)は、
約60分収録しています。

殆どの作品が
バッハの『平均律クラヴィーア曲集』になってしまいました…(ごめんなさい…)。

では、
動画のポイントについてお話します。

ソルフェジオ周波数を使用

この作品は、
全てソルフェジオ周波数を使用しています。

今回は、
良く知られている下記の周波数を使用しました。

第1チャクラ(尾てい骨)⇒396Hz
第2チャクラ(丹田)⇒417Hz
第3チャクラ(胃)⇒528Hz
第4チャクラ(心臓)⇒639Hz
第5チャクラ(喉)⇒741Hz
第6チャクラ(眉間・額)⇒852Hz
第7チャクラ(頭頂部)⇒963Hz

上から下へとヒーリング(?)

一般のチャクラヒーリングでは、
第1チャクラから上へと癒していきます。

今回は逆に実験台として、
第7チャクラから下へと癒す様に製作しています。

もし、
靈氣(レイキ)ヒーリングが出来る人は、
対象のチャクラへ一緒に手を当てて見るのもいいでしょう。

【注意事項】

・運転中や作業中は絶対に聞かないで下さい(眠くなる可能性があります)。
・741hzに抵抗がある方は避けた方がいいでしょう。
・気分が悪くなる場合は、視聴を控えてください。

それでは、ご試聴下さい!

※もし、741hzをデビルズトーンと思って抵抗がある場合は、
下記のマイケル・ウォルトン氏による考案の周波数でお試しください。
(都合により曲名は割愛させて頂きます。)

Sponsoed Links

note

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる