神社・お寺だからと言って、パワースポットと判断する事は危険です

数年前からパワースポットブームになっています。

現在、
パワースポットに関する本が沢山並べられています。

しかし、
本の中には危険な場所もパワースポットと呼ばれている事も…。

今回は、
パワースポットの注意点についてお話したいと思います。

Sponsoed Links

目次

風水では、パワースポットは「龍穴」の事を指します

私は風水師ではありませんので、
パワースポットを断定する事は出来ません。

しかし、
風水では、パワースポットの事を「龍穴」と呼ばれて言います。

いわゆる大地のツボという事です。

風水では大地の気の流れを龍で例えます。

龍穴は、
ベースとなる「祖山」(北の山)。

その麓には、
「青龍砂」(東の山)・「白虎砂」(西の山)と呼ばれる山があり、周囲に川・海・湖があります。

南にある「案山」・「朝山」と言う2つの山があります。

これらの中央に位置する平野の
その北側に「龍穴」は存在します。

例えば、
東京に存在する「明治神宮」。

明治神宮の祖山は、
富士山になります。

富士山の強力な気が、
明治神宮へと流れています。

でも、
「龍穴」が出来上がるパターンは数百種類以上あります。

なので、
一般の人がパワースポットを見つけるのは困難だと思って下さい。

稲荷神社は、安全?それとも危険?

全国には、
「お稲荷さん」と呼ばれている稲荷神社があります。

自営業や商売をしている人は、
よく訪れているようです。

現実的な願い事が叶いやすいスポットです。

しかし、
お稲荷さんは一度付き合うと、
一生お付き合いを続けなければなりません。

なので、
軽い気持ちで訪れると大変な事になってしまいます。

必ず一年に一度は、
その社を訪れて挨拶をしなければなりません。

年に一度の挨拶が出来ない場合は、
翌年に来られなかった事情を伝えてお参りする事が大切です。

一生の付き合いになるので、
転勤族の人は避けたほうがいいでしょう。

パワースポットを訪れる時には、必ずマナーを守ること

どんなに素晴らしいパワースポットに訪れても、
マナーを守る事が大切です。

撮影禁止の場所に写真を撮っている人。
お参りをせずに、御神水だけもらって帰る人。
進入禁止の場所へ立ち入りする人。
集めた御朱印をオークションへ出す人。

このブログをご覧になっている人で、
上記の行動を起こしている人がいらっしゃいましたら、
すぐに止めてください。

逆に運気が下がってしまいます。

スタンプラリーの気分で御朱印巡りをしている人は論外です

数年前から、
神社や寺の「御朱印」集めをしている人が増えているようです。

御朱印集めは悪い事ではありません。

中には、
趣味として御朱印集めをされている方もいらっしゃいます。

しかし、
御朱印を集める事だけではパワースポットの運気は集まりません。

パワースポットは大地の気のツボです。

身体にその土地の氣を吸収します。

御朱印集めに専念してすぐに別のパワースポットに移動しても、
パワースポットの気は吸収出来ません

御朱印を集める方は、
パワースポットの気をゆっくりと吸収できるように余裕を持ちましょう。

しかし、
最近では御朱印マナーの低下により、
受付をお断りする神社や寺もあります。

中には、
スタンプラリーのように御朱印を集める人もいらっしゃいます

先程も申し上げましたが、
意味がありません

「御朱印を集めるとご利益がもらえる」と思われている方は、
一度、
何のためにパワースポットを訪れるのかを再考して方がいいと思います。

Sponsoed Links

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる