当サイトの無断コピーは禁止です。コピーをされる方は必ずこちらを読んでください。

オススメの官足法の本

adimomiryoku

前回、体質改善をサポートしてくる足裏マッサージ(官足法)の魅了についてお話致しました。

今回は、官足法で私が参考にしている文献を紹介したいと思います。

官足法に関する書籍は数冊あります。

官有謀氏の著書『官足法ー足の汚れ〈沈殿物〉が万病の原因だった』は、官足法の元祖になります。
金額的に求めやすいのですが、読みにくいと感じる方もいらっしゃるかもしれません。

私は、近澤愛沙さんの著書がきっかけで官足法に出会いました。
数年前にテレビで「世界一(日本一)痛い足裏マッサージ」について放映された事があります。
芸能人や芸人さんが施術を受けられ、「痛い!痛い!」と悲鳴をあげる程、耐えられない痛みだそうです。
でも、施術が終わった後に皆さん「身体がめちゃくちゃ軽くなる」と言うのです。
その時に出演されていた足つぼマッサージの施術者…近澤愛沙さんです。

彼女の著書『元気回復 足もみ力』(ワニブックス:2012年)は、

・あんま棒の使用方法が丁寧に記載されている。
・病気別に効果的な足裏の揉み方が記載されている。
・不妊症に悩んでいる人へオススメ。
e.t.c…

といった特徴があります。

「癌を足裏マッサージで克服した!!」
『足もみ力』の著書には、彼女が癌を克服した事が書かれています。

彼女が24歳の時に、検査で甲状腺に大きい腫瘍を見つけました。
「死」イメージするほど、落ち込んでいた様です。

でも、「若石健康方」に出会って、足裏に全てを託し、痛みに耐えました。
次第に痛みが無くなり、好転反応もありましたが、手術をせずにガンの姿はなくなった様です!!

癌になると、普通ショックを受けますよね…。

でも、彼女は自分の力で克服しているのです。
「足もみ力」の本には近澤さんが実際に経験した人生が感じられます。

現在はサロンで施術を行っているみたいです。
また、新刊も出版されていらっしゃいますので、読み比べてみるのもいいでしょう。

↓元祖官足法の本↓

Sponsored Links

コメント