病気は足裏が語っている(足裏マッサージの魅力)

前回、
健康はお金では買えません」について取り上げました。

自分自身で、
健康をチェックできる方法があります。

それは、
足裏の状態を見る事です。

人間の足裏は第2の心臓と呼ばれています。

足裏には、
人間の臓器に関する反射区が集中されているからです。

過去の話になりますが、
筆者も英国式足裏マッサージを体験した事があります。

アキレス腱から踵辺りを刺激されていた時に、
腰に電流が走った感動を今でも覚えています。

腰が疲れている事を施術者に指摘されてしまいました。

今回は、
足裏の素晴らしさをお話したいと思います。

Sponsoed Links

目次

あなたの足裏は柔らかいですか?

足裏を触ってみると、
ゴリゴリとする物があると思います。

それは老廃物です。

ゴリゴリする場所によって、
疲れている(弱っている)部分や臓器をチェックする事ができます。

特に、
足裏が硬い人は注意が必要です。

また、
後天偏平足の方も糖尿病に注意しなければなりません。

何故、
足裏に老廃物が溜まるのでしょうか?

人間の足裏は心臓から遠く離れています。

人間は立つ時に体重を足で支えますので、
足に全て負担がきます。

その為、
足裏に流れる血液の循環が悪くなり、
老廃物となってしまうのです。

足裏マッサージをする事で、
足裏で滞っている血流を流れやすくする事ができるのです。

足裏マッサージの種類。

足裏マッサージには、
主に西洋式・東洋式と大きく2つに分かれています

西洋式は、
英国式(リフレクソロジー)と呼ばれていると思います。

指の腹と手で足裏を刺激する施術です。

イタ気持ちいい程度の強さになります。

癒しを主流にしているマッサージになりますので、
ストレスを癒す事に適している流派だと思います。

一方東洋式は、
台湾式・中国式・官足法等があります。

東洋式は、
痛いマッサージ方法になります。

手を使用したり、あんま棒を使用したりして、
足裏の老廃物を潰す方法になります。

体質改善にオススメの足裏マッサージは?

東洋式になります。

足裏に蓄積された老廃物を潰して、
排出する事が出来るからです。

蓄積されている老廃物は、
手で潰す事が困難です。

その中で、
官足法と呼ばれる足裏療法があります。

官足法は、
あんま棒を使用して、足裏に溜まった老廃物を潰します。

ただ、
口で言うのは簡単なのですが、
かなり激痛です。

「世界で一番痛い」と謳われている程の痛さなので、
耐えられない人もかなりいるでしょう。

でも、
官足法はお金もかからない健康増進法でもあります。

詳細は、
世界一痛い足つぼマッサージ(官足法)の魅力」を参照下さい。

Sponsoed Links

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる