人生が変わる正しい呼吸法とは…【口呼吸にメリットはありません】

絆創膏

動物は呼吸をして生きています。

息をするのは当たり前の事だと思いますが、
正しい呼吸ができていない人が多いように感じます。

特に、
口で呼吸をしている人は注意が必要です。

今回は,
正しい呼吸についてお話をしたいと思います。

Sponsoed Links

目次

口呼吸は今すぐにやめましょう

口呼吸とは、
「口で息を吸って、口で息を吐く」行為です。

何も話していないのに、
口がぽかんと開いている人を見かけませんでしょうか⁇

そのような方は、
口呼吸をしている方が多いです。

また、
激しい運動をした後も口呼吸になりやすいと思います。

口呼吸は、
下記のトラブルになる可能性があります。

  • 風邪をひきやすくなる
  • ドライマウスになりやすい
  • 口臭の原因になりやすい
  • 虫歯になりやすい
  • e.t..c…

口呼吸の場合は、
口の中が乾燥してしまいます。

ほとんどデメリットしかありませんので、
すぐにでも鼻呼吸へ改善したほうがいいでしょう。

北村

だからと言って、
口呼吸を絶対にしてはいけないという事ではありません

北村

鼻炎などで鼻呼吸がしづらい人もいらっしゃいます。
無理をしてはいけません

鼻と耳はつながっているので、
無理をすると逆効果になる可能性がります。

徐々に鼻で呼吸をする習慣をつけるといいでしょう。

鼻呼吸を意識しましょう(正しい呼吸法)

正しい呼吸を意識するには、
鼻呼吸に意識をする事が近道です。

北村

まず最初に、
1日中口を開けていらっしゃる人は、
口を閉じる習慣をつけましょう。

北村

何もせずに口を開けている場合は、
見た目だけでなく、
風水的にもNGです。

北村

風水の場合、
口を開けっ放しにしておくと、
運気が口から逃げていきます。

最近では、
口呼吸をする子供が多いと言われています。

なにもしない場合は、
開いた口は閉じましょう。

北村

次に、
鼻呼吸を意識しましょう

北村

出来れば、
「鼻から息を吸って、鼻から息を吐く」
習慣がベストです。

北村

それがつらい場合は、
口で吐く方法から初めても大丈夫です。

北村

先程も申しましたが、
鼻炎や鼻にトラブルをお持ちの方は、
完治してから実践しましょう

北村

また、
無理をすると、
過呼吸になってしまう可能性があるので、注意が必要です

北村

無理をせず、
自分のペースにあった呼吸を目指しましょう。

睡眠時の呼吸の落とし穴

「私は普段口呼吸していないから大丈夫」と思われがちですが、
睡眠時に口呼吸になっている可能性があります。

北村

ポイントとしては、
目覚めた時に、
口や喉がヒリヒリしている場合は、
睡眠時に口呼吸になっている可能性があります。

北村

対策としては、
寝る前に口に絆創膏を軽く付けて寝る事です

北村

強く密閉してしまいますと、
危険な事故になってしまう可能性があります‼

北村

付けた時に、
少しでも口で息が出来るレベル
で付けましょう。

北村

目覚めた時に、
絆創膏が取れている場合があります。
それは、口呼吸になっている証拠になります。

北村

慣れてきたら、
絆創膏が外れなくなると思います。
(筆者体験談ですが、あくまで個人差があります)

中には、
専用のテープが販売されています。

絆創膏でもいいのですが、
専用テープの方がしっかりしているのでそちらを試されるのもいいでしょう。

北村

くどいようですが、
無理に使用すると死亡事故に関わる可能性があります。
必ず正しい使用方法で行って下さい‼

「腹式呼吸」=「鼻呼吸」ではありません

鼻呼吸は腹式呼吸であると定義しているサイトも見かけますが、
それは間違いです。

腹式呼吸は身体を使った呼吸法となりますので、
口呼吸でもできます。

なので、
一緒に考えてはいけません。

健康に意識したい場合は、
腹式呼吸よりも口呼吸と鼻呼吸の関係を学ぶ事が近道だと思います。

北村

腹式呼吸のやり方については、
下記のサイトを参照下さい。

Sponsoed Links

絆創膏

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントを残す

目次
閉じる